運輸安全マネジメントの取り組み

安全方針

會津通運株式会社は、輸送の安全の確保が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、運輸安全マネジメント体制の維持、持続的な改善に努めるため、次のとおり安全方針を定め、周知する

  • 1社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また、社内に置いて輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  • 2運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  • 3輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。
  • 4運輸安全マネジメントを全社員が一丸となって確実に実施し、PDCAサイクルの徹底により、継続的に見直しと改善に努めます。

重点施策

安全方針に基づき、次の項目を踏まえた取り組みを重点施策とする。

  • 1輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全を管理する規定に定められた事項を遵守すること。
  • 2輸送の安全に関する費用の支出・投資を積極的かつ効率的に行う。
  • 3輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講ずる。
  • 4輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、本社と営業所で情報を共有する。
  • 5輸送の安全に関する教育及び研修の計画を作成し、これらを的確に実施する。

輸送の安全に関する組織図

組織図

輸送の安全目標(本社)

1.事故削減目標

重大事故 交通事故 物損事故
目標 実績 目標 実績 目標 実績
平成27年度 0件 0件 5件 17件 10件 20件
平成28年度 0件 0件 5件  件 10件  件
  • ※1.重大事故は、自動車事故報告規則第2条に規定する事故をいう。
  • ※2.交通事故は、重大事故を除く有責・無責のすべての事故をいう。
【平成27年度の事故内容の分析】

交通事故発生件数17件中、6件が後退時の確認不足による事故であった。

物損(商品)事故発生件数20件中、5件が落下による破損であった。

【平成28年度の事故防止重点運動】

~昨年度の事故内容を踏まえ以下の重点運動を実施することにより類似事故を防止する~

交通事故防止重点運動
①後退時の衝突を無くすため『降りて一周・確認運動』をします。
②4秒の車間距離を保つよう指導し、『追突事故を防止する』
物損(商品)事故防止重点運動
①落下による破損事故防止のため『あせらず、あわてず、丁寧な作業』を徹底する。

2.関係法令及び社内規定の遵守を確保

関係法令及び社内規定(安全管理規定等)の教育は、最低でも年1回実施します。

3.輸送の安全に関する投資額(予算)

主な項目績 平成28年度予算額
教育等に関する項目 安全教育費(適正診断受診費を含む) 10万円
安全表彰経費 10万円
設備及び機器などに関する項目 アイドリングストップ支援機器導入費 50万円

4.内部監査

安全を管理する規定の遵守状況は、内部監査を年1回以上実施し、必要に応じて是正措置又は、予防措置を講じます。

5.情報の連絡体制

安全衛生会議を月1回開催します。また、本社と営業所で合同安全衛生会議を年1回以上開催し、情報を共有します。

6.輸送の安全に関する安全教育の実施計画

  • 1安全大会の実施…1年に1回以上
  • 2安全の日(毎月1回第1月曜日)に社是・スローガンを唱和し安全意識の高揚を図る
  • 3事故防止対策会議(事故状況分析及び対策をリスクアセスメント)…3ヶ月に1回以上
  • 4ドライバーミーティング(ヒヤリハット等の情報活用)…毎月1回以上
  • 5週ごとに決めた安全意識・取組みについて運行前点呼時に運転日報に押印し、指導
  • 6安全に関するビデオ鑑賞…3ヶ月に1回以上
  • 7事故惹起者に対する指導(事故発生時)
  • 8新入社員教育指導(雇用開始時)
  • 9高齢運転者教育指導(満年齢65歳に達したとき)

TOPへ