取り組み

信頼と地域の繁栄のために~重要な取り組み~

弊社では、信頼と地域の繁栄のために「地域貢献」「環境に配慮した経営」など様々な取り組みを行っています。

安全について

ドライバー

ドライバー
安全に関する意識の向上

すべてのドライバーに対して安全に関する意識の向上について、年間を通じて『安全大会』『フォークリフト安全講習』『タイヤ安全講習』等を開催し、知識や技能を高めています。

車両

車両
トラブルを防ぐ取り組み

安全な輸送のために車を良い状態に保っておくことは必要不可欠です。車両整備もドライバーの仕事です。弊社では、故障を防ぐため出発前の点検、日常点検、定期点検を欠かしません。新人ドライバーには、常駐している整備管理者が点検の方法を教えています。配送は、経験豊富な先輩ドライバーが複数で荷積みや荷解きなどの手順を教えます。先輩ドライバーのアドバイスは、道中、配送先でのトラブルを防いだり、問題解決に導くヒントにあふれています。

安全に関する設備投資

また、使用するトラックには、『デジタルタコグラフ』の装着はもちろん、『ドライブレコーダー』『バックカメラ』『衝突軽減ブレーキ装着車』などの積極的な採用など安全に関する設備投資も行っております。新しく購入する車については休憩中、エンジンを止めていてもエアコンや暖房が利く設備を装着するなどドライバーの負担を軽減できるような投資も行っています。

品質

品質
衛生面の注意

お客様のお荷物を清潔な車で運ぶために車両洗車と消毒を行っています。特に食品を輸送する車は、衛生面から1回ごとに細心の注意を払っております。また、ドライバーの礼節、身だしなみも弊社の品質と考えております。

『運輸安全マネジメント』の導入

弊社の経営トップから現場のドライバーまで一丸となって安全性の向上を図り、企業全体に安全意識を浸透させるため『運輸安全マネジメント』も導入しております。これは、安全性向上のための計画を作成し、その効果を評価、改善ポイントを整理し、さらに改善計画を実施することで常に安全のレベルアップを図ろうとするものです。

運輸安全マネジメントの取り組み

「Gマーク」
「Gマーク」の取得

安全性の高いトラック運送事業者を選ぶための目安となる「Gマーク」を取得しています。Gマークは、全国貨物自動車運送適正化実施機関(全日本トラック協会)が認定・交付している「安全性優良事業所」の安全・安心のシンボルマークです。

環境に配慮した経営

福島議定書

福島議定書

事業者自らが定めた二酸化炭素等温室効果ガスの削減目標を『議定書』として知事と取り交わし、省資源・省エネルギーなど地球温暖化対策に取り組んでおります。

グリーン経営認証

グリーン経営認証

企業の会社的責任の一つとして環境問題にも積極的に取り組んでおります。「グリーン経営認証」は、ISO規格に準じた内容で、交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、一定レベル以上の環境保全の取り組みを行っている事業者に対して認証・登録を行っています。環境に配慮した経営は、エコドライブや省エネ活動を中心にローコスト経営にもつながり、自主的で持続可能な環境保護活動を続けることができます。

地域貢献

ラッピングトラックで会津地域をPR

ラッピングトラックで会津地域をPR

会津若松商工会議所卸物流部会の取り組みとして、大型トラックの荷台部分にラッピングを施し、全国を走るトラックで地元会津の観光や特産品のPR活動を行っています。

イベントステージ

イベントステージ

トラックをイベントステージとしても利用できます。
トラックが入れる場所であればどこでも設置できます。また、組み立て式のステージよりも素早く設置ができるメリットがあります。

職場体験で地元の中学生のキャリア支援(インターンシップ)

地元の中学生のキャリア支援の一環として職場体験を受け入れています。物流の仕事を肌で感じてもらい将来の就業に対するイメージや経験づくりをしてもらっています。

トラックの森づくり事業

の森づくり事業

2010(平成22)年度から『下郷町中山「きのこ」と「むら 」づくりサポーター事業』に参加し、植林等を通して地球温暖化対策と地域交流を進めております。

TOPへ