社長挨拶

會津通運株式会社 代表取締役社長 渡邉拓也

會津通運株式会社
代表取締役社長 渡邉拓也

当社は、1950年「会津にも鉄道輸送の発着両端の輸送を業務とする企業を」と、願った会津若松商工会議所や地元経済界の有志の方々によって創設されました。以来、「鉄道利用運送」事業を経て「自動車運送」事業、「倉庫」事業と時代の変化に合わせて事業を拡大し“地域の繁栄と信頼”を願いながら事業を営んでまいりました。2020年には創業70周年という節目の年を迎えます。

2019年5月、平成から令和へと新たな年号へ変わるタイミングで7代目の代表取締役社長就任となりました。これから人口減少や情報通信技術の革新によって大きな社会変革が予測されます。変化の激しい時代でも産業や国民生活を支えるライフラインである物流というサービスを安全・安心にそして継続して提供していくことが我々の使命であるとの認識のもと、スピード感をもって変化へチャレンジし、時代に即した「当たり前」の基準を向上させ、お客様、仕入れ先様、社員をはじめとするすべてのステークホルダーに「會津通運でよかった」と感じていただける企業、そして次なる世代へと繋いでいく100年企業を目指してまいります。

今後とも一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

社是

  • 安全輸送の使命に徹し地域の繁栄と信頼に応えよう
  • 新しい時代認識を共有し的確な業務遂行で永続し成長する企業としよう
  • 顧客に感謝し健康な家庭と明るい職場づくりに努めよう

当たり前の明日のために

経済と暮らしを支えるトラック輸送

弊社は、1950(昭和25)年に創業しました。当時は、鉄道輸送がメインで弊社の業務も会津若松駅を利用した集荷や配送が主でした。やがて時代の移り変わりとともに物流は、トラック輸送がメインとなりました。東日本大震災時には、その機動力を遺憾なく発揮し緊急支援物資の仕分けや配送を担いました。今日、トラック輸送は、経済と暮らしを支えるライフラインとしてなくてはならない存在となっています。
そして、これからも『いつものお店にいつもの商品がある』。そんな当たり前の明日のために走り続けてまいります。

笑顔と元気を届ける役目も

現在、弊社では地元会津産のコメ、野菜などの農産物を全国に届ける業務を軸に、工業製品や建築資材、温度管理が必要な冷蔵・冷凍食品、鉄道コンテナ輸送など様々な輸送のほか、倉庫業、引っ越しなどを行っています。お客様のお荷物をお届けするだけでなく笑顔と元気を届けることも私たちの役目と、日々の業務に励んでおります。

働きやすい職場環境づくりと人材育成に注力

近年、物流業界ではドライバー不足が懸念されています。そうした中でも私たちは、”人と地域”を大切にする社是のもと、人材の育成と無理なく長く勤められる働きやすい職場環境づくりに努めております。

TOPへ